金田実生

夜と昼のできごと

夜と昼のできごと 1
夜と昼のできごと 1

夜と昼のできごと 2
夜と昼のできごと 2

夜と昼のできごと 30
夜と昼のできごと 30

夜と昼のできごと 1
夜と昼のできごと 1

1/30

金田実生   『夜と昼のできごと』

ドローイング30点によるシリーズ

紙に鉛筆、色鉛筆、ガッシュ、木炭

15.0×19.5(cm)    2020年

Mio Kaneda "The things that happened at night and day"

30 drawings series

pencil, colored pencil, gouache and charcoal on paper

15.0×19.5(cm)  2020

夜と昼のできごと

 

昼の光が目にまぶしい。

少しツンとくる痛みも感じるほどだがそれも心地よい。

明るさがこの一日の清々しい力を運ぶ。

今日の日は何が起こるのか。何を起こすのか。

何かが少しだけ変化するのはわかっているような気もする。

今日が起こすものごとは徐々に積み重なってできごとになる。

夜、積もったできごとが形になって夜という色に包まれていく。

夜の静かな色は今日を呼び起こし、輪郭を浮かび上がらせる。

そして私は明日、また違う色のできごとを見つけるのだろう。

  

金田実生

4_view_s.jpg

金田実生  『夜と昼のできごと 4』

紙に鉛筆

15.0×19.5(cm)    2020年

5_view_s.jpg

金田実生  『夜と昼のできごと 5』

紙にガッシュ

15.0×19.5(cm)    2020年

9_view_s.jpg

金田実生  『夜と昼のできごと 9』

紙にガッシュ

15.0×19.5(cm)    2020年

13_view_s.jpg

金田実生  『夜と昼のできごと13』

紙にガッシュ

15.0×19.5(cm)    2020年

27_view_s.jpg

金田実生  『夜と昼のできごと 28』

紙にガッシュ

15.0×19.5(cm)    2020年

『envelope as a door』の第5弾は、金田実生さんより30点のドローイングが届きました。 

「夜と昼のできごと」として、明るく軽やかな日中から夜へと、ドローイングの数字が進むにつれて「できごと」は次第に夜の色をまといながら輪郭を深めていきます。

鉛筆、色鉛筆、ガッシュ、それぞれの素材を使い分けての表現も魅力的な、自然の事象と日々向き合いつづける作家の、実感の痕跡です。

各/ 22,000円

税込、送料込

こちらのサイトで更に詳しくご紹介しています