中村

眞美子

風の譜 

MUSIC OF THE WIND

_DSC0407_S.jpg

寒い 朝の日

草木の 枯れた影

曲がり 折れ

踊り 囁く

かすかな音

​宇宙のリズム

中村眞美子  『風の譜 Ⅰ』

ドライポイント、雁皮刷り

sheet size/ 19×43.7(cm)

​image size: each/ 9.0×9.0(cm)  

ED/ 9

2020年

flat.jpg
1-1s.jpg
1_2s.jpg
1-3s.jpg

中村眞美子  『風の譜 Ⅱ』

ドライポイント、雁皮刷り

sheet size/ 19.0×43.7(cm)

​image size: each/ 9.0×9.0(cm)  

ED/ 9

2020年

flat.jpg
2-1s.jpg
2-2s.jpg
2-3s.jpg
_DSC0438_S.jpg

「envelope as a door」の第8弾は、版画家 中村眞美子さんです。

白い雪に一面おおわれた野原に、ふと姿を表した枯れ草のすがた。

枯れ草のかたちそのものに、また、雪のなかにぽつぽつと見える様子に、音が見えるようです。

普段から、自然が織り成すリズムを意識している中村さんですが、今回は作品の上でも、ひとつひとつの画面が連なり、また響きわせることができればと、それぞれ3つのイメージから成る版画作品が2点届きました。

届いた作品を机に広げて、眺めている時でした。

折られているのであればと何気なく立ててみると、突然、そこに空間が現れたのでした。それまで紙だと思っていたものは壁になり、それぞれのイメージは、見事にそこへ掛けられているようです。うがたれた窓となって、外の様子を見ているようにも思えてきます。

まさに2次元に折り畳まれた世界が、読み手の元で3次元へと移行した瞬間でした。

各/ 18,000

税込、送料込