top of page
1.jpg

KONDOの"出張"美術室

-雑談室編-

2024年2月17日(土)

14:00- 19:00

*予約不要

*途中入退室自由

参加費: 1,000円(ドリンク+お茶菓子付)

会場: ETHICA

岐阜市八幡町14-3 三輪ビル 2階(ラ・ペスカ上)

tel 058-207-8899

不定期開催、毎回大好評、近藤先生による「出張美術室」の「雑談編」を、2月17日に開催します。

美術に関する質問・相談をお持ちの方、大歓迎!ですが、美術について語り出すと止まることを知らない先生のお話を、ただただ聞いているだけでも大丈夫です。皆さんで情報や、ものの見方、考え方を共有する、ゆるやかな場です。ご予約不要、途中入退室自由です。先生のコレクション作品も展示します。どうぞお気軽にご参加ください。

facebook.jpg

◇近藤先生とは?

1961年 岐阜県生まれ。1984年 岐阜大学教育学部美術工芸科卒業。岐阜県内の公立高校で教鞭をとる美術教師。作家としても「ひょうたん倶楽部」を主宰し、ひょうたんを用いたオブジェをトランクに詰めて現れるユニークな活動で知られる。一方で、美術館やギャラリーに足を運ぶうち、次第に休日のほとんどを展覧会めぐりに捧げるようになり、いつしか「作ること」から「見ること」が中心となる。美術教育の場においても、作ることだけではなく本物の作品に触れることで、より美術に親しんでほしいとの思いから「今月の1点」として、コレクションのなかから選んだ作品を、勤務する高校の美術室に月替わりで展示する試みをつづけている。また、そのコレクションは作品だけではなく、展覧会のDMやチラシ、図録や作品集など、美術に関するあらゆる事柄に向けられているところも特徴で「作家に会いに行く」ことも重要なコレクション活動のひとつ。アートの様々な楽しみ方を伝えている。

 

◇出張美術室とは?

「美術室に作品を展示している」というエピソードをきっかけに、2004年にギャラリーキャプションにて「KONDOの“出張”美術室-鑑賞編」と題したコレクション展を開催。教室を模した設えのなか、コレクション作品に加え、各社の美術の教科書なども展示し、現役の美術教師のコレクション展として話題となる。その後2010年には「KONDOの“出張”美術室-授業編:KONDOのコレクション事始め」と題し、自身のコレクションの成り立ちについてのレクチャーを、授業さながらに行う。2016年にはfront(2014年~2017年、岐阜市金宝町)にて「KONDOの"出張"美術室-図書室編」として、展覧会カタログや作品集など、美術にまつわる蔵書を自由に閲覧できる期間限定の図書室を開設。「自分が高校生の頃にこんな授業を受けてみたかった」という声が毎回多数寄せられる人気企画。

bottom of page